ソーラーフロンティア太陽光発電システムサイドメニュー

神奈川県相模原市 N様
ソーラーフロンティア
5.4kW
茨城県筑西市 S様
パナソニック
5.75kW
東京都葛飾区 A様
アップソーラー
3.2kW
大阪府大阪 市 O様
長州産業
5.52kW
静岡県熱海市 E様
カナディアンソーラー
3.99kW
その他のメーカー情報発掘隊
太陽光発電東芝情報発掘隊 太陽光発電パナソニック情報発掘隊 太陽光発電Qセルズ情報発掘隊

ソーラーフロンティア 太陽光発電システム 性能で比較

ソーラーフロンティア 太陽光発電システム を他のメーカーの太陽光発電システムと性能で比較してみます。

ここでは、各メーカーの代表的な太陽電池モジュールを例にとり、その太陽電池モジュールの月間の発電量(kWh)で性能を比較することにします。

今回取り上げるメーカーは、以下の通りです。
・ソーラーフロンティア ・パナソニック ・三菱 ・シャープ ・京セラ
・カナディアン・ソーラー ・サンテック

太陽電池モジュールの月間発電量表

※このデータはソフトバンクのメガソーラー(苫小牧)の公開データを基に作成しているため、パネルの設置場所、 気温、周辺環境、管理方法、データの通信状況により、状況に変化がありますので、各社製品の性能を保証するようなデータでは ございませんことをご了承願います。

今回のソーラーフロンティア 太陽光発電システム で採用されている太陽電池モジュールは、公称最大出力150W・ モジュール変換効率12.2%・CIS薄膜系のモジュールで、公称最大出力がずば抜けていいわけでも、モジュール変換効率が ずば抜けていいわけでもありませんが、影に強く光照射効果が高く、幅広い光を吸収するCIS薄膜系の性能もあり、 月間発電量が2月・3月ともに1番になっています。 今回のデータを見ると、メーカーのカタログに記載されている「発電効率」だけでは、性能の判断が難しいと言えます。