災害対策

災害対策

突然の地震に備えて今一度チェック!見落としがちな災害対策4選

今月16日、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、福島県と宮城県で震度6強を記録しました。 この地震の影響によって、両県を含む東北の4つの県では住宅186棟が半壊または一部損壊し、断水などの被害も相次ぎました。 交通への影響も大きく、地震によって脱線した東北新幹線は、全線の運転再開まで相当な期間を要する見込みであると発表されています。
災害対策

地震から自宅や家族を守る必須アイテム「耐震グッズ」の重要性を徹底解説!

古くから、日本は諸外国よりも地震が頻発することから「地震大国」と呼ばれています。そのため日本の建築物は耐震構造になっていたり、日本に住む人々も日ごろから防災グッズを備蓄していたりなど、地震対策はどこの国よりも進んでいると言えます。そんな中、あまり浸透していないのが「室内用耐震グッズの導入」です。
災害対策

突然の災害にも対応可能!いざという時に役に立つサバイバル知識4選

近年ではキャンプがブームになっていますが、自然の中で限られた道具や食料を使って衣食住をまかなうキャンプは、考え方によっては災害時の生活と似ています。 自然災害に遭ってしまい、実際に不便な環境での被災生活を余儀なくされた場合、キャンプなどのアウトドアに関する知識が頭に入っているのと入っていないのとでは、安全性や快適さが大きく変わってきます。
災害対策

災害時に起こる心理反応「正常性バイアス」が行動に与えるリスクと対策

皆さんは、「正常性バイアス」という言葉をご存知でしょうか? 正常性バイアスとは災害心理学などで使用されている心理学用語の一種で、予期せぬ事態に直面した時、「こんなことが起こるはずがない」「大したことじゃない」「自分だけは大丈夫」と楽観的な方向に錯覚する心のメカニズムのことです。
災害対策

災害時に直面する「トイレ問題」とは?もしもの時に備えて対策をチェックしよう!

9月は「防災月間」ということで、家に常備してある防災グッズや、いざという時の避難経路を改めて確認している人も多いのではないでしょうか。 そんな中、意外な盲点となっているのが、「災害時のトイレ問題をどうするか」についてです。今まで発生した災害では、「トイレ機能が十分に整っていないことによって、体調面や衛生面でさまざまな問題に見舞われた」という報告がいくつもあります。
災害対策

備えあれば患いなし!被災後の避難生活で役立つ防災グッズを大紹介

災害大国である日本では日常的に小さな地震等が発生することも珍しくありませんが、それ故に気持ちが緩んでしまい、いざという時の備えを疎かにしがちな人も少なくないのが現状です。 しかし、自然災害とは多くの場合全く予期せぬタイミングで訪れるものです。
タイトルとURLをコピーしました