再生可能エネルギーの固定価格買取制度

みんなで育てる再生可能エネルギー

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは?

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用の一部を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の対象

「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「バイオマス」の5つのいずれかを使い、国が定める要件を満たす事業計画を策定し、その計画に基づいて新たに発電を始められる方が対象です。発電した電気は全量が買取対象になりますが、住宅の屋根に載せるような10kW未満の太陽光の場合は、自分で消費した後の余剰分が買取対象となります。

買取り価格・期間

2021年度以降の価格表(調達価格1kWh当たり)

  250kW以上
(入札制度適用区分)
50kW以上
250kW未満
10kW以上
50kW未満
10kW未満
2020年度
(参考)
入札制度により決定
(第6回12円/第7回11.5円)
12円 13円 21円
2021年度 入札制度により決定
(第8回11円/第9回10.75円/第10回10.5円/第11回10.25円)
11円 12円 19円
2022年度 入札制度により決定
(一定規模以上)
10円
(50kW以上入札対象未満)
11円 17円
調達期間 20年間 10年間


過去の買取り価格・期間

2019年度以前の価格表(調達価格1kWh当たり)

  2,000kW以上
(入札制度適用区分)
10kW以上
2,000kW未満
2019年度 入札制度により決定 14円+税
2018年度 入札制度により決定 18円+税
2017年度 入札制度により決定 21円+税
調達期間 20年間


  10kW未満 10kW未満 ダブル発電
出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり※1 出力制御対応機器設置義務なし 出力制御対応機器設置義務あり※1
2019年度 24円 26円 24円 26円
2018年度 26円 28円 25円 27円
2017年度 28円 30円 25円 27円
調達期間 10年間

※1北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。

みんなで育てる再生可能エネルギー

お電話でのお問い合わせはコチラ!