脱炭素

自動車

環境負荷の低減に貢献?「車を持たない生活」のメリット・デメリットとは

2022年8月31日、アメリカのカルフォルニア州では、車を持たない低所得者は1000ドル(約14万円)の税額控除を受けられるようになるという法案が可決されました。これは、いくつかある気候変動対策のうちの1つとなっており、カルフォルニア州はこの他にも、2035年までにガソリン車の新車販売を禁止することも決定しています。
エネルギー(再エネ・化石燃料etc.)

EVが主流になったらガソリンスタンドはどうなる?さまざまな角度から予想してみた!

2020年、日本政府は「2050年カーボンニュートラル宣言」を発表しました。これは、「2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにし、脱炭素社会を実現する」という宣言です。この宣言を実現するための取り組みの一環として、政府は「2035年までにガソリンを燃料とする自動車の販売を禁止し、新車販売のすべてをEV(電気自動車)にする」との意見を発表しています。
SDGs

シチズン、カシオ、スウォッチ…腕時計メーカーのサステナブルな取り組み

皆さんは、腕時計をつけることはありますか? もしかすると、「以前はつけていたけれど、時計代わりにもなる携帯電話が普及してからは日常的につけることが減った」という方もいるかもしれません。 それでも、ファッションアイテムやガジェットとして腕時計が好きだったり、「そもそも腕時計集めが趣味」という方は、まだまだ多くいらっしゃいます。
エコな取り組み

RE100、EP100、EV100、RE Action…気候変動対策のための環境イニシアチブ

そんな中、近年注目されているのが、RE100をはじめとした気候変動対策のための環境イニシアチブです。 とはいえ、これらのイニシアチブはまだまだ一般的な知名度が高いとは言えず、「名前は聞いたことあるけれど、実際どんな取り組みをしているのか分からない」という人が多いのが現状です。
SDGs

アウトドアを楽しむなら「エコ」にいこう!サステナブルなキャンプギア10選

新型コロナウイルスの感染拡大以降、「少人数で楽しめる」「外出自粛で溜まったストレスを解消できる」などの理由から、キャンプは一躍大きなブームとなりました。 それに伴い、近頃では新しいキャンプギアが続々登場しています。一口にキャンプギアと言っても、デザインがお洒落なものから高性能なものまで、その特徴はさまざまです。
環境問題

世界の平均気温上昇、「1.5℃」と「2℃」で環境に及ぼす影響はどう変わる?

2022年5月9日、国連専門機関の世界気象機関(WMO)は、「今後5年間のうちの少なくとも1年間、世界の平均気温が一時的に1.5°C上昇する可能性がある」と警鐘を鳴らしました。 この「1.5℃」という数値は、温暖化対策に向けた国際的な枠組み「パリ協定」が目標に設定している気温上昇の閾値(いきち)です。
エネルギー(再エネ・化石燃料etc.)

経済産業省が「エネルギー白書2022」を発表!注目すべきポイントは?

2022年6月7日、「令和3年度エネルギーに関する年次報告」、通称「エネルギー白書2022」が経済産業省より発表されました。 エネルギー白書は、エネルギーをめぐる国内外の取り組みや日本の政策方針などを知るうえで欠かせない資料です。 そこで今回は、エネルギー白書2022の中の特に注目すべきポイントについて見ていきましょう。
エネルギー(再エネ・化石燃料etc.)

お隣の国・韓国の意外と知らないエネルギー事情

ドラマ、アイドル、食べ物、美容、ファッションなど、いまや幅広いカルチャーの発信地として日本をはじめ世界中の若者から支持を集めている韓国。 特に日本とは物理的に距離が近く、飛行機で約1時間半~2時間半程度しかかからないため、コロナ前はよく旅行に行っていたという人も多いのではないでしょうか。
節電・省エネ

政府が7年ぶりに節電協力を呼びかけ!?その要因と私たちにできる節電方法とは

2022年6月7日、政府は全国に対し、節電協力を呼びかけることを決定しました。 対象となる期間は今夏および今冬を想定しており、特にエネルギー需給が厳しい状況になると考えられている冬には、計画停電などを実施する可能性もあるとのことです。
SDGs

最近話題のV2Hって何?導入するメリット・必要費用・補助金などを徹底解説!

太陽光発電システム、蓄電池、EVの普及が進む中、近年ではV2Hの導入を考える人も増えてきています。 しかし太陽光発電システムや蓄電池に比べ、V2Hは一体どんなメリットがあるのか想像しにくいですよね。 そこで今回は、V2Hを使用するメリット、導入に必要な費用などについて解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました