IHクッキングヒーターが故障したら修理or買い替えどっちが良い? 故障パターン別にチェック!

節電・省エネ

IHクッキングヒーターは一年中を通して使うものだからこそ、ひょんなことから故障してしまう可能性はゼロではありません。
また、長年使用していたIHクッキングヒーターが気づかないうちに寿命を迎えていた…というケースも少なからずあります。
IHクッキングヒーターに実際不調が起こった時に慌ててしまわないように、今回は
IHクッキングヒーターの寿命や故障原因、そして「修理と買い替えならどちらを選ぶべきか」という点について、しっかりチェックしていきたいと思います。

まずはIHクッキングヒーターの寿命を知ろう

平均的な寿命(耐用年数)とは

多くのメーカーは、IHクッキングヒーターの寿命を「10年から15年」と設定しています。
「自炊はあまりしない」という人であれば上記に挙げた寿命以上に長く使用できる場合も
ありますが、反対によく料理をする人であれば、4~5年使用したあたりで不具合が発生する場合もあります。
とはいえ、こまめに拭き掃除をしつつ普通に使用していれば、よほどのことが無い限り
大抵は10年以上使用できるケースが殆どとなっています。

こんな症状が出たら寿命かも?

ここでは、IHクッキングヒーターが寿命間近になった時、または寿命を迎えた時に出る
症状について見ていきましょう。
「我が家のIHってもしかして寿命なのかな…?」と気になっている方は、次の項目と
お持ちのIHクッキングヒーターの症状を照らし合わせてみて下さいね。

・電源ボタンや温度調節ボタンの反応が鈍い
・電源が付いたと思ったらブレーカーがおちてしまう
・使用中に「ブーン」といった耳障りな音がする
・鍋が中々加熱されない
・「プレートは使えるのにグリルだけ使えない」など、使えない機能が出てくる
・グリルの扉がスムーズに開け閉めできない
・グリルが温まるまでに異常に時間がかかる、または一向に温まらない

上記の中に1つでも当てはまる項目があった場合は、お使いのIHクッキングヒーターの販売メーカーになるべく早く問い合わせてみることをお勧めします。

寿命以外のよくある故障原因

吹きこぼれ(煮こぼれ)

お湯を沸かしていたり煮物を作ったりしている時、ふと目を離した隙に鍋から中身が
吹きこぼれてしまった…という経験がある方は多いのではないでしょうか。
調理中にありがちな些細なミスのように思えますが、実はこれがIHクッキングヒーターの
故障原因となる場合があります。
吹きこぼれた汁、または食材がトッププレートの中にまで入ってしまうと、IHクッキング
ヒーターの内部を制御している基板を錆び付かせたり、破損させてしまう可能性があります。

多くのIHクッキングヒーターの場合、基本的には内部に水分や異物が混入するのを防ぐ構造となっているため、使用初期に関しては吹きこぼれによる不具合は起きにくいとされています。
しかし、使用を重ねていくうちに多少劣化していくことは免れないため、
吹きこぼれが内部に入り込むリスクも必然的に使用するほど上がってしまいます。
これによる故障を防ぐためにも調理中はなるべく鍋から目を離さず、万が一吹きこぼれて
しまった場合にはすぐさまIHクッキングヒーターの上から鍋を外し、速やかに拭き取るよう心がけておくと良いでしょう。

トッププレートに物を落としたことによる破損

トッププレートの上に乱暴に鍋を置いたり物を落としたりした場合、破損の原因となる
可能性があります。
もし破損した状態のまま使用し続けてしまうと、ちょっとした吹きこぼれが亀裂部分に混入してショートを引き起こし、最悪の場合怪我をする危険性もあります。
この事態を防ぐためには日ごろから鍋類を慎重に扱ったり、IHクッキングヒーター周辺に食器棚などがあれば落ちてきやすい物を置かないようにするなど、出来る範囲で対策をとっておくことが大切です。
それでもちょっとした不注意により破損してしまった場合は、むやみに触らずなるべく早めにメーカーに相談するようにしましょう。

修理と買い替えそれぞれにかかる費用相場

修理する場合

一口に修理費用と言っても、不具合が起こっている箇所によって金額は変わってくる上に、メーカーによって多少の差が生じる場合もあります。
それらを踏まえた上で平均的な修理費用を提示するとしたら、次のような金額になります。

・電源ボタンの不調の場合…約10,000円~35,000円
・加熱しない場合…約15,000円~40,000円
・グリルが作動しなくなった場合…約15,000円~60,000円 ・トッププレート損傷の場合…約20,000円~35,000円
・パネル操作部が不調の場合…約10,000円~30,000円
・火力表示部分が不調の場合…約10,000円~25,000円

上記の金額は、「技術費用」「部品費用」「出張費用」の3つにより構成されたもの
となっています。
また複数の故障部分を修理する場合は、その都度加算されていく形になります。
とはいえ今回挙げた金額はあくまでも目安なので、もし実際に修理することになった場合はお使いのメーカーまで直接費用を確認されることをお勧めします。

買い替える場合

故障の度合いにもよりますが、場合によっては修理するよりも買い替えてしまった方が費用を安く抑えることもあります。
また、修理費用と同様に「一部だけ買い替える場合」と「全体を買い替える場合」では費用には多少の差が生じます。
それを踏まえ、廃棄や工事などの諸経費を含めた上で買い替えにかかる費用相場を出すと
するならば、次のようになります。

・トッププレートのみ買い替える場合…約15,000円~20,000円
・グリルのみ買い替える場合…約35,000円~40,000円
・トッププレートとグリルを両方買い替える場合…約50,000円~60,000円
・トッププレートとレンジフードを買い替える場合…約40,000円~55,000円

上記の金額も目安となっておりますので、より詳細な相場が気になる方は修理費用と同じように、メーカーまで直接問合わせてみると良いでしょう。

「修理or買い替え」どちらかを選ぶための決め手とは?

修理した方が良い場合

お使いのIHクッキングヒータ-を導入してから3、4年ほどしか経過していない場合、
もしくは「ボタンの調子だけが悪い」「加熱をお知らせするランプ部分だけ調子が悪い」といったように軽微な故障だけという場合は、該当箇所のみを修理した方が費用を安く抑えられるかもしれません。
また故障したのが保証期間内であれば、無償で修理を行ってもらえる可能性があります。
「一部とはいえ故障しちゃったし、いっそのこと買い替えてしまおう!」と早まる前に、
メーカーに故障した旨を伝えた上で保証内容と期間を確認すると良いかもしれません。

買い替えた方が良い場合

使用から10年近く経過していたり、同じような故障を数年の間に繰り返していたりする
場合は、修理してもまた同じ不具合を起こす可能性が高いと言われています。
このようなケースであれば、思い切って買い替えてしまった方が長い目で見ても得策だと
言えるでしょう。
また、前述したように故障箇所があまりにも多いと莫大な修理費用がかかってしまう可能性があります。
修理と買い替えのどちらを選ぶか決めかねる場合は、両方の見積もりを出してもらうよう
メーカーに依頼してみることをお勧めします。

まとめ

IHクッキングヒーターに不具合が生じた際は、不具合の原因や使用年数、そして費用などをしっかり確認した上で「修理するか」「買い替えるか」を決めるのが大切だということが
分かりましたね。
今まさにIHクッキングヒーターの故障や寿命について悩んでいる方にとって、当記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

読者登録・解除フォーム
読者登録をすると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

登録ボタンを押すと確認メールが届きますので、メールのご確認をお願いいたします。
お問い合わせフォーム
太陽光発電・エコキュート・蓄電池等のご購入に興味のある方はこちらからお問い合わせください。しつこい営業はいたしませんのでご安心ください。
閲覧ページ
興味のある商品
お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号必須
ご住所
番地等
備考欄
節電・省エネ
太陽光発電最安値発掘隊
タイトルとURLをコピーしました